自分のコンプレックスを解消したい人のために

health woman

豊かな証拠

品川美容外科の起訴事件について

日本では経済的にも豊かになり、より美容にお金をかける人が増えてきました。その中でも美容整形は美しくなるための手段の一つで、人気が高まってきています。最近では美容外科のテレビCMも多く流れ、手軽にキレイになれると思っている方も多いと思います。しかし過去には裁判に発展するような医療事故も発生しています。ここでは品川美容外科でおきた起訴事例について取り上げ、美容整形について考えていきたいと思います。この事件は、品川美容外科での脂肪吸引の手術で、医師が患者の内臓を器具で傷付け、その後患者が脱水症状を起こし死亡したというものです。後に医師は起訴され、有罪判決を受けています。裁判では医療の進歩と患者の安全が議論されていました。

今後の美容外科業界はどうなるのか

上段で取り上げた品川美容外科の起訴事例ですが、もちろん医師に殺意はありませんでした。しかし、利益を追求するクリニックでは、手術を立て続けに行い、患者の様態の確認が疎かになっていたという話もあります。そこでこの起訴事例を受けて、品川美容外科を含む大手美容外科クリニックでは、より患者のカウンセリングを丁寧に行い、専門的な事もオープンにするなど、業界全体をクリアにしていこうという動きが起きています。美容整形は生命の維持に関わる医療行為とは異なり、患者の意志でするかしないかが決定されます。そのため、患者が納得して手術に臨めるような体制作りが行なわれています。悲しい事故を乗り越えて、美容外科業界はさらなる進化を遂げているのです。